心理・特徴

【これで迷わない】既婚男性から不倫に誘われた時の対処法をシーン別に解説

手を差し伸べて誘ってくる男性

どんな形であれ、恋は突然。

「ぶっちゃけ、好きなんだよね」「このあとさ、ホテル泊まってかない?」

職場であろうと友人関係であろうと、既婚男性からいつ不倫に誘われるかなんて想像もつきません。

独身女性なら不倫に誘われても怖いですし、少し興味があったところで断っていいのかも判断できませんよね。

そこで既婚者の男性から誘われた時の断り方から、安売りせずに関係を持つタイミングまで、独身女性へ向けてシーン別にくわしく解説します。

 

一番気になる「不倫に誘われた時の対処法」からご説明しますが、不倫に誘ってくる既婚者男性の特徴や狙われやすい独身女性の特徴についても後半で解説しています。

いつ不倫に誘われても万全の状態で対応したい方はぜひ最後まで読んでみてください。

Contents

「不倫したい」と既婚男性に誘われた時の女性の断り方

不倫に誘ってきた既婚男性にはハッキリあなたの意志を伝えるのが断り方の王道です。

さまざまな断り方のパターンを知って手数を増やしましょう。

1.「既婚者の男性は恋愛対象外」としっかり伝える

体を含む不倫関係がまだはじまっていない段階なら、相手が妻帯者とわかった時点で『既婚者は恋愛対象外なので、すみません』とハッキリ伝えましょう。

「あなたは条件外なので無理なんです」という主旨が伝わるように意識します。

“○○な人はNG”と自分の気持ちを言わないために、いつまでも男性につきまとわれるケースはたくさんあります。

2.いま他に好きな男性がいることを伝える

『ごめんなさい、いま他に好きな男性がいるんです。だからちがう男性との恋愛は考えられません。』

ある意味いちばん当たり障りなく断るきり返しかもしれません。

好きな人がいてそれはあなたじゃないんです、と伝えることで既婚男性も意味を理解するでしょう。

3.友人や会社の同僚に協力を頼んで不倫を断る

『○○さんっていう既婚男性から不倫に誘われて困ってて…』

と友人や信頼できる職場の同僚に相談してみるのもひとつの方法。

悪いウワサが広まれば男性が不倫のアプローチをかけにくくなります。

気の強いご友人であれば、既婚男性と会う時に同席してもらうことで「うわ、友達までだしてきてめんどくさい…」と引かせることも可能。

誰かに真剣に話を聞いてもらった上で、対応策を考えることもできます。

ひとりで考えるのが心細くなっている女性に適しています。

(※絶対誰にも相談できない状況での社内不倫や、人にバラされて逆上するような既婚男性に対しては少々キケンな方法のため、不安な場合はプロの相談専門家に頼るなど判断しましょう。ヒミツは絶対まもった状態で一緒に答えを考えてくれます!

既婚男性からの不倫の誘いにOKする時の答え方

誘われた不倫に対して「ぶっちゃけOKしてもいい」という女性もいるでしょう。

ただし、既婚男性との不倫では圧倒的に独身女性が不利になりがちな点に注意です。

自分の身を守りながら相手を見極めるためにも、すこし厳しいくらいの質問を男性にぶつけましょう。

1.相手の奥さんと離婚(別れる)ことを条件にする

『そんなに本気なら奥さんと離婚してから話しましょう。不倫はイヤなので、つきあうなら別れてからでお願いします。』

既婚男性のことを嫌いではなくても、「不倫だけはイヤ!」と悩む女性に適した方法(※あなたにとって完全NGな男性にはやらない方がいいでしょう、逆に本気にさせないためです)。

  • 「妻とは別れるつもりでいるんだ」
  • 「半年あれば確実に離婚できる」
  • 「ほぼ家庭内別居状態だし、もう終わりが見えてる」

などは、不倫に誘ってくる男性の常套句中の常套句。

でも、基本的に“奥さんと離婚するつもりなんてサラサラない”のが既婚男性だと考えてください。ここでダマサれると失敗するので要注意!

相手の気持ちを確かめつつ、あやしければ即バレる方法です。

2.不倫する独身女性が負うリスクについて認識を聞く

『もし不倫であたしたちに子供ができたらどうするの?慰謝料請求されたら払ってくれる?すぐ離婚できる?仕事やめることになったら養ってくれる?』

といった、不倫することでおこる独身女性側のリスクについて、どの程度の認識を持っているか聞くことも効果的。

相手が「この子、めんどくさいな」と思って離れるかもしれませんし、あなたにとっては『うわ、この人ないわ…』と感じたり、本性が見えやすい質問です。

 

たとえば、かるい気持ちで不倫関係をスタートさせて、あなたが既婚者の子供を妊娠してしまったらどうなるでしょうか?

シングルマザーで育てることも大変ですし、

  • 相手が離婚しなければずっと父親不在の状況に対するイラ立ち
  • もともと不倫関係であるうしろめたさ
  • 女性が仕事をやめなければならない場合は金銭面のやりくり

などなど、子供ができてしまうとこれ以上にいろいろなリスクが降りかかります。人生急に変わったも同然です。

さらにこれだけ難しい問題について何度も話し合うたびに、不倫相手との関係が悪くなることも考えられます。

もちろん不倫が相手の奥さんにバレた場合は、あなた側も慰謝料を請求される可能性があるんです。

『こうなったらどうしますか?あたしのリスクって考えてくれてますか?』とハッキリ聞きましょう。

3.不倫によって男性側に起こる現実的リスクについて聞く

先ほどは女性側中心のリスクについての聞き方でしたが、ここでは男性側。

もし既婚男性の不倫が奥さんにバレれば、

  • 夫婦仲は壊れ、慰謝料をはらって離婚になる場合も
  • 子供がいれば親権や養育費の問題が発生
  • 会社にバレれば社会的信用を失い、昇進NGやリストラのリスクも

こういった問題が発生するリスクは非常に高いです。

男性側にリスクを受け入れる覚悟があるのかどうか、そもそも危機意識があるのかどうか、問いただしてみるのも有効です。


独身女性を不倫に誘ってくる既婚男性の特徴・性格

不倫に誘ってくる既婚男性のあるあるな特徴も知っておきましょう。

1.女性が大好きでノリが軽い

いわゆる“チャラ男”があてはまります。学生の頃から遊び人だった人やチャラい空気を感じたら要注意。

容姿がカッコいいというより、ノリの良さやトークで女性に好かれるタイプです。

2.見た目は「中の中」でふつう

誰もがふりむくイケメンはそもそも数が少ないですし、そう都合よく職場にいるものではありません。

うまく不倫に誘ってくる既婚男性は意外と“見た目ふつう”なことが多いです。

男性は結婚したあとの方がモテたりするので、本人が変な自信を持っている場合も。また、かっこよくもないので女性も油断しがちです。

3.家庭に自分の居場所がない

奥さん・家族とぜんぜんうまくいってない男性も当てはまります。

  • 仕事から帰っても嫁は先に寝てる
  • 家庭でふだんから相手にされない
  • セックスさせてもらえず、鬱陶しがられる
  • 奥さんが子供につきっきりでほとんど無視される

さびしさに負けた男性は既婚者であろうと、外の不倫関係に自分の居場所を求めようとします。

4.夫婦喧嘩が絶えない

無視や相手にされないようなことはないものの、口を開けば喧嘩ばかりという夫婦もいますよね。

また、夫側も嫁側も完全に冷めきっているケースがあります。

家に帰ってもイライラするだけで面白くないため、不倫できる女性を無意識にさがしていたりします。

5.高収入・お金持ち

けっこうちゃんとお金を稼いでいる男性ほど、しっかりした性格で心にゆとりがあったりするものです。

女性に対する気前もいいですし、話しても魅力的に感じやすいタイプ。

ただし、キッパリ“大人の遊び”と考える人も少なくないため、高収入の男性には要注意です。


不倫相手のターゲットにされやすい女子のタイプ

男性から見て「この子イケそう」とターゲティングされやすい独身女子のタイプも学んでみましょう。

1.恋愛体質・恋に飢えてるタイプ

いい意味で女子力は高いほうですし、ちゃんと恋愛したい!と思っている女性です。

でも、このタイプの“恋愛大好き感”はまわりからも見えてますし、「愛されたい欲」に負けて不倫の誘いを断れなくなりがち。

2.マジメ・仕事に打ち込むタイプ

仕事一筋でまじめに打ち込むタイプの女性は、しっかり者に見えて実はあまり刺激に耐性がありません。

男性からのちょっとしたアプローチにドギマギして、すぐ恋しやすい乙女な一面があるわけです。

3.甘え上手・年上大好きタイプ

異性に甘えるのが上手な女性は、安心感とやさしさから年上男性を好む傾向にあります。

基本的にコミュニケーション能力が高く、既婚者でも距離が縮まりやすいところも特徴。

知らず知らずのうちに、男性に可愛くアピールしてしまっている状態になりがちです。

4.お金がない・お財布がさみしいタイプ

収入の高い低いで人格は決まりませんが、やはりつねにお財布がさみしい女性はおごりやプレゼントに弱いですよね。

毎回おごられてるうちに不倫に強引に誘われて、「申し訳なくて断れなかった」というパターンはけっこうあるあるです。

5.友だちから「リアル不倫話」を聞いているタイプ

最近では、女性から仕掛けて不倫するケースもめずらしくなくなりました。

「実は最近上司と不倫しちゃっててさ、すっごい盛り上がってるんだよね~」など、エッチも含めたリアルすぎる友達の話を聞いてしまうと気持ちも高まりますよね。

きっかけは本人のせいでなくとも、まわりの話を聞いたことで“不倫に対する興味”や“してみたい欲”がかきたてられてしまうタイプです。

6.情にもろく押しに弱いタイプ

「頼みごとされるとどうしても断れない」

「押されると申し訳なくなってOKしちゃう」

などなど、女性らしくフワッとやさしい性格の人はとくに注意です。

押されると断れないタイプの女性は、その傾向を周囲の男性に見抜かれています。

7.聞き上手・男性に共感しやすいタイプ

上司でも同僚でも、男性の話をやさしく聞いてくれる“聞き上手女子”はけっこう人気があります。

深い悩みでも「うん、わかるわかる、大変だよねそれ」と共感してくれると、高い確率で男性をその気にさせてしまいます。

8.異性の目をつねに意識した女磨きタイプ

「まわりの女より絶対キレイになる!」

「女を磨いて美しくして、それでモテるのは当然!」

美人で女子力もハイレベルな“モテ意識高い系”の女性は、見た目がキレイなので単純に男性にモテます。

意外とこのタイプの女性は不倫未経験なことも少なくありません。

他人に“知らないと思われる”ことを極端に恥ずかしがる傾向もあり、経験がてらのつもりがどっぷり不倫の泥沼にハマってしまうケースもあります。


不倫に誘われやすい関係・きっかけとは?

ここでは知らない男女の仲が深まりやすい関係性やきっかけについてお伝えします。

1.職場の上司と部下

定番ですが、アルバイト・社員関係なく職場の上司からは不倫に誘われやすいです。

毎日のように見かけることになりますし、出会い方としてはとても自然。

2.夜遅くまでの残業・二人きりの残業

仕事上しかたない残業も不倫に誘われやすいきっかけのひとつ。

仕事内容やプロジェクトしだいでは二人きりになることもありますし、同じ目標に向かって仕事するなかで打ち解ける瞬間もあるでしょう。

やさしく教えてくれたり、逆にバリバリできる一面に気づいたり…トラップの多い状況です。

3.二人だけで行く食事の時間

上司と部下の関係で残業後「疲れた~お腹すいたし、おごるからゴハン行こうよ」と言われたらなかなか断れません。

残業もふくめれば1日に二人きりで過ごす時間は奥さん以上。気持ちが動きやすい状況のひとつです。

4.プライベートな相談をされる場面

仕事のあとの食事だけでなく、ランチに誘われた場合も注意です。

既婚男性からプライベートで真剣な悩み話をされたらどうでしょうか?さすがに聞いてあげますよね。

家庭のこと・仕事のこと・人生のことなどを聞くうちに「あたしのことすごく信頼してくれてるんだ」と思ってしまいます。

5.お酒の席(飲み会)

どれだけ注意してもお酒は判断力をにぶらせますし、男女ともに性欲が高まってしまう状況。

会社の飲み会にしろ友人の集まりにしろ、既婚男性の来る飲み会では細心の注意を払いましょう。

  • 体調不良を理由にお酒は絶対飲まない
  • 一次会が終わったらスマホを片手に「すみません、友達と予定あるんでおさき失礼しまーす」とすぐに帰る

など、かなり徹底した態度をつらぬかないと、酔ったスキにつけこまれてしまいます。

さまざまな誘われるきっかけを紹介してきましたが、逆をいえば上記のような環境を自分から避けることで、不倫に誘われる可能性を下げることも可能です。

不倫の誘いをどうするかはあなた次第

不倫関係とはいえ、男性から熱烈にアプローチされれば気持ちも揺らぎます。

これだけ多くのカップルが不倫の恋愛を楽しむ世の中です。

不倫の誘いをどうするかはあなた次第。

でも大事なのは、

「イヤならハッキリ断る!」

「たとえ不倫OKでも、相手の人間性を見極めてからつきあう」

この二点です。

不倫を断るにしろ、関係をスタートさせるにしろ、あなたが一方的に損をすることだけはないようしっかり考えてみてください。

悩んでどうしようもない時は誰かに相談してみると前にすすめますよ。